フルハウスというアメリカものっぽいドラマ

「あのフルハウスが帰ってきた」「宜しく我が家」って、動画で流れているCMですが、昔は、アメリカの吹き替えものが、テレビでも流れていたような気がしました。
あれって、子供のころは面白かったような思い出があります。
今、声優さんすげえなって思いますね。
ああいう外国人風の声で、日本語の吹き替えが出来るのですから、それは中々、専門なのでしょうね。

ただ、昔、アメリカものの吹き替えを聞いていて、思ったのは、意訳が凄いのではないかと思うんですよね。
宜しく我が家ってどうやって、翻訳しているのだろうと思います。
当然、日本人にも理解できるような吹き替えにするので、凄い意訳は入っていると思います。
サンダーバードだって、おばあちゃんの手羽先という意訳がありましたが、あれは無理がありすぎでしたものね。
黒柳さんが、ミドルネームを何度も話していたり、やっぱり翻訳って、言語の歴史も違うので、それなりに考えて、ライターか翻訳家が書き直すのでしょうね。

一度、ネイティブで聞いて、理解してみたいと思いますね。
ただ、スラングのようなものが沢山あると思うので、そこは、やっぱり難しいのでしょうかね。
分かりませんけど、フルハウスはまあ見ないのですけれどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です