飲むだけでできる日焼け止め

beach-501244_640

日焼け止めのイメージってなんですか?

ジェルやクリームタイプのものだったり、最近はスプレータイプのものも出てきてますよね。

昔は日焼け止めの使用感がべとべとしてて嫌いだったのですが、最近はさらーっとした本当に日焼け止め!?って思うようなものもあって、日々の進化を感じます。

そんな中、さらに画期的な商品を知りました!

それが「飲む日焼け止め」です!

飲んで日焼け止め?そんなことあるの?って正直思いました。

私が知った商品は、紫外線が当たる30分前に一錠飲むだけで日焼け止め効果が約2時間持続する、というものです。

すごく簡単じゃないですか?

私はいいなと思ったポイントは、塗る日焼け止めって正直めんどくさいし、塗りムラもできちゃうし首元とか髪の毛を避けて塗るのも難しいし、何より肌の呼吸を蓋してしまってるような気がして肌に負担をかけると思うんです。

それが、飲むタイプだと、塗りムラを気にすることもないし、肌がべとべとすることも何もないのです!

それなのに、全身日焼け止めができてしまうって本当にすごいと思います。

美容成分配合のものだと、体の中からお肌のダメージを修復してくれるのでサプリ感覚で飲めます。

本当に日焼けしやすい腕などは塗る日焼け止めと併用するとより安心して過ごせると思います。

フルハウスというアメリカものっぽいドラマ

「あのフルハウスが帰ってきた」「宜しく我が家」って、動画で流れているCMですが、昔は、アメリカの吹き替えものが、テレビでも流れていたような気がしました。
あれって、子供のころは面白かったような思い出があります。
今、声優さんすげえなって思いますね。
ああいう外国人風の声で、日本語の吹き替えが出来るのですから、それは中々、専門なのでしょうね。

ただ、昔、アメリカものの吹き替えを聞いていて、思ったのは、意訳が凄いのではないかと思うんですよね。
宜しく我が家ってどうやって、翻訳しているのだろうと思います。
当然、日本人にも理解できるような吹き替えにするので、凄い意訳は入っていると思います。
サンダーバードだって、おばあちゃんの手羽先という意訳がありましたが、あれは無理がありすぎでしたものね。
黒柳さんが、ミドルネームを何度も話していたり、やっぱり翻訳って、言語の歴史も違うので、それなりに考えて、ライターか翻訳家が書き直すのでしょうね。

一度、ネイティブで聞いて、理解してみたいと思いますね。
ただ、スラングのようなものが沢山あると思うので、そこは、やっぱり難しいのでしょうかね。
分かりませんけど、フルハウスはまあ見ないのですけれどね。

魚というとやはり鮭です

魚というと、お刺身だとバッテラなど、酢でしめたものが好きな傾向はあります。
ただ、焼き魚なら、しゃけでしょうかね。
鮭でした。変換ミスでしたね。

しゃけと鮭、これって方言になるのでしょうか。
それはさておき、鮭を炒めると、何かになりましたよね。レモンとバターで炒めるものですが、やっぱり美味しいと思いますね。
普通に焼いても美味しいですし、堅く焼くのではなくて、柔らかに焼いておくと、実に美味しいと思います。
鮭は世界一と思うのは、とにかく安いからというのもあります。

煮干しやシラスもいいとは思いますけれど、鮭はそれを焼くか炒めるかだけでごはんがあると、食べられるので、凄く重宝すると思いますよ。
しかも、パンを焼くやつ、トースターでも焼く事は出来ますし、脂がのっていると、とても美味しいです。
まあ一番は安いからなんですけど、安くて美味しいなんて、素晴らしいとしか言いようがありません。

魚を食べたいと思う事は結構あります。肉より魚って誰だってあると思います。
そういう時はやっぱり鮭ですよね。

ほっけとかも良いと思いますし、サバも悪くはありません。
ただ万民に受けると思うのが鮭だと思っています。簡単に食べられるのが、魅力です。

足でギターを弾く事は出来ます

そういえば、例の18歳で亡くなったアイドルですが、あれから、調べてみました。
義手、義足のギタリストだとかをですね。
動画で見てみると、結構いるようですね。

書道を習った時に、左から右に変えるだけという事を理解しましたが、ギターに関しては、用はピックの変わりになるものと、運指になるものが、一緒になれば大体弾けるようです。
手がないように、足だけで弾いてみる事にしました。
因みに、足がないだけなら、手だけでギターは弾けます。
最初は、左足と右足でやってみましたが、自分は出来ました。
多分、一週間も頑張ると、足でギターは弾けると思います。
スライドギターも出来るでしょうし、多分、難しくはないと思います。

動画で両手のない人が歌いながら、足元にアコギをおいて、プレイしていましたね。
誰かのお母さんがお子さんに、あの人はギターを弾いているんだよって話していて、優しさにほろっとしました。
良い人っているんだなと思いました。
その人の人生ですから、その人がどう生きようが確かに自由ですが、色々と思ったのでしょうね。
手がない人のつらさ、足がない人のつらさは分かりませんが、楽器を弾いていたのなら、弾く事は出来ます。教えてもいいくらいですね。

春と秋って良い季節ですよね

扇風機もいらなくなりましたね。
服を乾かす時に、扇風機を回しています。考案者は母で、そういうものなのかと思っているのですが、とにかく、夜になってくると、寒くなってしまい、何だか眠れそうで眠れなくなってしまいますね。
ともあれ、扇風機はもういいやという季節になったのは、良かったと思いました。

父がよく、春と秋は良い季節と言いますけれど、本当にその通りで、良い季節です。
冬になると、ここもいろんな意味で良くなるのですが、12月になると、手がかじかんで、タイピングも出来なくなってきますし、とにかく広いのにストーブも何もないという感じなので、この時期が、一番やりやすいと思っています。
一時期、冬に晴れた日に外に出て、4枚くらい厚着をして、パソコンをやっていた時期がありました。
とにかく、寒かったとしか、その内、鼻水が垂れてくるくらいにまでなりましたね。

鼻水というと、いつも三月から四月に風邪を引くんですよね。
話は変わってしまいましたが、冬はそれほど、風邪を引く事はないのですね。
春先になると、必ず一年に一回は引いていますね。
あれって、よくある春先に流行始める風邪に侵されているのでしょうかね。
ともあれ、元は凄い不健康ではないので、冬に少し寒くなったら、暖房のある居間に行きますけれどね。

初めての手術 そして リハビリ

私はこの間左膝前十字靭帯の再腱術という手術をしました。

バスケットボールをしていて、いつも通りプレイしていたのですが、転んだ拍子に膝が落ち、骨と骨が当たるような鈍い音がしました。その時は30分ほどで痛みが引いたので、なんともないと思っていたのですが、後にまた同じ事がおきました。これはおかしいと思い病院に行くとレントゲン、MRI、精密検査とたくさんの検査をしました。そしてまた運動をするために手術を決断しました。

手術自体は簡単なものなのですが、初めてだったので少し緊張もしました。ただ先生の腕も確かだと聞いていたので安心していました。手術が終わり麻酔が切れると痛みと膝の違和感を感じました。

手術後はトイレもご飯もいつも通りにはいかず苦労しました。

看護師の方々の支えや友達の御見舞があったからこそ元気で過ごせました。リハビリは想像以上にきつく、最初は曲げ伸ばしをするだけで激痛が走りました。それも1ヶ月は松葉杖でその後もまともに歩くことができません。でもその間もリハビリを頑張って、運動できるその日まで我慢し続けたいと思います。

今は走ることも出来ないし、もちろん運動も出来ないので、ほかのことを楽しんで過ごしていきたいと考えています。

歴史ドラマに思うこと

私は、国を問わず、歴史ドラマを見ることが好きです。国内のものですと、大河ドラマは、毎回欠かさず見ています。海外のものですと、特に韓流ドラマが好きです。日本のものは、戦国時代が、韓流では、朝鮮時代のものをよく見ます。

この二つの国の歴史ドラマを見比べてみると、国の違いを感じます。1番の違いは、外交についてです。日本は、外から敵が来るということはないので、国内での争いです。駆け引きというより、戦で争う印象が強いです。私が、戦国時代好きだからかもしれませんが。一方、韓国は、常に、中国などと陸続きですので、国を守るため、諸外国といい関係を作るための外交が必須となります。その駆け引きの対象の違いから、外交の手法が大きく異なっているように見えます。具体的には、日本は、真正面から向き合う外交。韓国は、決して本心を知られないよう、うまい駆け引きが必要となる外交。どちらがいい悪いというわけではないですが、ここに文化の違いを生み出しているように感じます。

もう一つの違いは、拷問についてです。日本の歴史ドラマは、あまり拷問のシーンというのは出てこないように思うのですが、韓国のドラマでは、頻繁に出てきます。焼けた刻印を体に押し付けるのは、なんとなくイメージがつくのですが、椅子に座らせ、両足首を一つに結び、股を裂くように太ももを左右に広げる拷問方法を見たときは、驚きました。

確かに痛そうです。拷問も、お国柄が出るのでしょうね。思えば、拷問方法を考えた人って、すごいです・・・

歴史を振り返れば、いろいろなことが見えてきて、おもしろいです。アジア以外の国の歴史ドラマもたくさん見て、分析してみたいと思います。

20歳を過ぎてから気づいたニキビケア

20歳過ぎからすごくおでこのニキビが気になっていて仕方ない次期がありました。

あまりにも気にしていたのでエステに通っていた時期もありました。
エステに行くと乾燥肌で手入れの仕方もきちんと教えてくれニキビサプリメントを買わされたりしました。
しかし、私はエステに通っている時に気づいたのです。体の中から変えていかないと外だけ綺麗にしててもらってもダメなのではないかと気付けたのです。

その当時私の生活はすごいものでした。
お酒にタバコ、帰ってくるのは夜中の3時寝るのは朝方6時といった生活でした。
仕事上仕方なかったのですが、それが嫌になり、昼の仕事につきお酒は辞めて寝るのは12時前という生活になって2ヶ月ぐらいするとニキビの赤かったのがどんどん色が薄くなり今ではニキビ1つない顔になりました。

ちょっと自分の中で変えただけでこんなにも体は変わっていくものなんだと実感しています。
これが一番の肌荒れスキンケアなのかもしれません。

また、脂っこい物が大好きだったのですが歳のせいか野菜や和食が大好きになりその2つメインでご飯を食べる様になりました。
食べ物でも関係すると聞いた事がありますが、本当に違う物だと感じられました。
やはり女の子は顔は化粧するのにもニキビがあると嫌ですし、これから夏に向けて髪の毛をあげたりする機会が増えていくので年中しっかり体をケアしていくことが大事だと思います!

あごニキビをケアするためのコスメでオススメのものが紹介されているサイトもあるので一度覗いておくのも良いかもしれません。

アチマチバザール

こないだ倉敷美観地区でアチマチバザールが開催されました。美観地区の広場での屋台を囲んでの様々なステージなのでした。

そこでは岡山のアーティストであるヨシミさんの綺麗な歌声が響き渡ります。「虹色」「アナと雪の女王」などの名曲が会場を感動で包み込みます。

続いて、とあるレストランオーナーのマジックが始まりました。コップの中の中身がありもしないフルーツに変わったり消えたり不思議すぎで種も仕掛けもないのになぜ?と思いました。

彼のマジックでは、カードが上がってくるのと、あなたが言ったカード「4なら4だけを集めます」というネタです。

本当に数字が揃っていたりお客様の言ったカードがシャッフルしたのに関わらず当てたのはびっくりです。

しかしその人、40以上のおじさんなのか、若い女性もヨシミさんの時より離れて、子供と私しか彼のマジックを見ていませんでした。

ここでスマイルマンが登場です。「5分間全力ダンスやります!」と言われノリノリの曲と共に足を上げたりパンチしたりジャンプしたり本当に動き回ってます。

ノンストップで息も上がっているのですが、振り付けなどは全部スマイルさんが決めたものでキレキレすぎて感動しました。

彼のスマイルポーズで無事にイベントは終了しました。

自転車が故障してしまいました。

子供を幼稚園に送ろうと自転車にまたがり発進!
と思ったら、かきん、かきん、かきん。タイヤの骨の一本が折れていました。
いつもより家を出るのが早かったので、子供と歩いて登園。なんとか間に合いました。自転車ならあっという間の距離も子供の足だと結構時間がかかって、朝の寒さが見に染みました。
使えると思ってたものが突如使えなかった時ってダメージ大きいです。
子供を送って、とにかく近所の自転車屋さんに自転車を引っ張っていきました。徒歩圏内にあってうれしい自転車屋さん。普段何気なく通りすぎてたけど、こんなにありがたいものだとは思いませんでした。
気のいいおじちゃんが出てきて
「40分ぐらいしたらとりにおいでー。」
と私の連絡先も聞かずに作業に取りかかってくれました。
家に帰って食事の支度を済ませて取りに行くと
「なおったよー。あと、バルブが緩んだり、歪んでるとことか治しておいたしな。子供二人乗せんの大変やろー。頑張りや。800円になります。」
だって。二千円くらい取られるのかなと思ってたからあまりの安さにびっくり。
これ、部品代と、おじちゃんの時給にちゃんとみあってるのかな?
自転車買うとき、ついつい品揃え豊富な大型店に行っちゃうけど、下町の自転車やさん、本当に頼りになります。ずっと町の中にあってほしいな。